あらためまして
明けましておめでとうございます。

2017年は例年とは違い、暖かい幕開けでしたね。
子どもの頃は寒さも平気、雪が降れば雪合戦をしたりかまくらだって作って遊びたかった。けれど、ここまで大人になったら寒さもほどほどでいいなと思うようになったのは少々悲しい。。。

年末に行った映画上映と講演会のイベントは大盛況で、そうなると嬉しく楽しく、人とのつながりを強く感じて幸せな気分になります。
今年も色々なことを継続挑戦し、地域と人とのつながりを深めていきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


ご案内をしております上映会と講演会(「こどもの里」理事長 荘保共子さん)まであと1週間と少しー。
子どもと関わる、子どもを持つ親と関わる、子どもを含む地域と関わる、子どもが好き、私たちみな子どもを含む社会とかかわりをもっています。
是非多くの方にお越しいただき、観て話を聴いて頂きたいと思います。

各紙面にてアップしていただきました。
朝日新聞 asahi
毎日新聞 mainichi
箕面市市議会議員 中西ともこさん会報 nakanishi-tomoko
朝日ファミリー asahi-family
リビング北摂西 living-hokusetsu-nishi

皆さまのご参加お待ちしております。

・インターネット予約 http://toyonaka.mypl.net/mp/satokita_toyonaka/ ⇒「とよなか さとにきたら」で検索

・E-mail       guten.zutto@gmail.com

・電 話  06-6842-7129

・F A X   06-6842-7139


oyatsu-club「おてらおやつクラブ」松島さまより子ども食堂へ食材の寄付を頂きました。その中のお米の一部を”豊中市母子寡婦福祉会”におすそ分けさせて頂きました。
ぐーてん 子ども食堂をきっかけに人の輪が広がっています。
ありがとうございました。

*「おてらおやつクラブ」… お寺にお供えされるさまざまな「おそなえもの」を、仏さまからの「おさがり」として頂戴し、全国のひとり親家庭を支援する団体との協力の下、経済的に困難な状況にあるご家庭へ「おすそ分け」する活動をしている団体です。おすそ分けを通じ、ご家庭と支援団体との関係性の深まりに寄与し、貧困問題への貢献を目指しています。

club3

 


今年度は、豊中市の「ゆめ基金」の助成をいただきながら「子ども食堂」を開催。皆様からいただく現金や食材の寄付、いつもありがたく使わせていただいております。

そして、今朝です。
ポストを見たら、差出人名の書かれていない封筒がはいっていました。中を開けてみると「子どもたちのおやつ代に使ってください」の手紙と一緒に30,000円の現金が入っていました。
差出人はやはりなく、”子ども大好きより”とだけ書かれていました。
食堂の前を通って頂いたか・・・それともホームページで見て頂いたか・・・、貴重な心温まる心を届けて頂きました。
本当にありがとうございます。
子どもたちのことを気にかけ、心を寄せてくれる大人たちがいることが食堂に集まる子どもたちにとっても、私たちにとっても大変うれしいことです。
パワーになります。
大切に使わせていただきます。
本当にありがとうございました。


新年度、新学期が始まりましたね。
友だち出来るかな?勉強難しくないかな?先生こわくないかな?遠い昔に感じた不安をうっすらと覚えています。けれどそれ以上にわくわくした思いはなんとも懐かしい。
12年目を迎えたZUTTOー
また気持ちを新たに、これまでの事業の継続と地域の課題解決に向けての活動を実施していきます。

ー豊中市委託事業ー
■「居場所くらし応援室」(豊中市委託被保護者就労準備支援事業)
就労を目指しているものの、就労に遠い人や、孤立しがちな人が集まる居場所です。講座やワークショップ、アート作りの「楽しい水曜日」、皆で食事を作って食べる「料理を作ろう」、簡単なパソコン操作を学ぶ「PCにふれよう」、手作業を行う「手作業」、誰でも参加でき、おしゃべりや作業を楽しむ「オープンDAY」を開催しています。「オープンDAY」では、2ヶ月に1回程度、フリーマーケットも実施しています。定期的に参加することで、生活リズムを整え、人と関わる場を作り、自立や働くことを目的にしています。

■「空港就航都市等における農産物・水産物等を活用した魅力ある飲食店等開拓・育成関連事業」
空港就航都市等の産物を取り扱う飲食店の開拓や流通の仕組み、広報活動などを一体的に行う仕組み(プラットホーム)作りを通して、母子家庭の母等就労困難者の新たな雇用の創出を目指します。

ー自主事業ー
■まいぷれ事業
豊中市の情報を網羅した地域情報ポータルサイト”まいぷれとよなか”を運営。市民に向けて情報を発信し、地域の事業者を応援する事業です。

■「ぐーてん子ども食堂」(とよなか夢基金助成事業)
一人で食事をとる子ども、遅くまで一人で留守番する子どもたちに友達と一緒に温かいご飯を食べ、楽しい時間をすごします。必要な子どもたちに届くよう活動していきます。月2回開催予定です。

■「若者居場所工房ぐーてん」
不登校やひきこもりなど、生きづらさを抱えた若者が定期的に通うことのできる居場所として活動を行っています。生活リズムの改善や、人と関わることで元気になり自立することを目指して、毎週月曜日に紙漉き、調理実習、フリーマーケット、遠足などを実施しています。
子ども食堂と若者居場所工房ぐーてん の情報は、ホームページで発信しています。

活動の中心は豊中市庄内です。
今年度も引き続き、ご支援ご指導のほどどうぞよろしくお願いいたします。